MobilExSchool

未来をひらくための学校

Npwでオリジナルレザーカバン(財布)作り〜未来スピードを体感せよ〜 の体験記

約 3 分
Npwでオリジナルレザーカバン(財布)作り〜未来スピードを体感せよ〜 の体験記

4月19日(水)にNPWの学校の古本浩さんを先生にお招きして体験プログラム
「Npwでオリジナルレザーカバン(財布)作り〜未来スピードを体感せよ〜」を
開校しました。

NPWの学校についてはこちらをご覧ください。

■テーマ : 革のバッグを自分で作る、しかも手早く簡単に。
■校訓 : 材はあるもの、技術は身の丈、実作業は無思考でスピーディーに。
■ご用意いただく道具:金槌一つ。

NPWとはヌメ革[N]のパッチ[P]ワーク[W]。圧倒的スピード感で作ることができる
「レザーカバン」です。ただ1つのルールが存在すれば素敵なバッグが作れるのです。


このカバンつくりには現代のデザインやプロダクトに対してのアンチテーゼ、
多くの大人が忘れてしまったパンク魂、色々な思いが込められています。

古本先生が参加した人に語る言葉は、飾り気がなく、ストレートにハートへ届きます。

作業は箱に入った革の裁ち落としを選びます。ここでもなるべく悩まない。探さない。
目に見えたものを手に取り作業を始める。これが無思考です。

手にした材を金槌でカシメていきます。

ただこれを繰り返す。

次第に無心になっていくのを感じます。

今回はバッグ以外に財布にも挑戦しました。

こちらは夏頃に開校する授業で、子どもたちにも体験してもらえるように準備中です。

2時間ほど作業に没頭して完成します。時間はあっという間に過ぎていて、ほどよい
疲労感に加えて、無思考だったはずの脳みそがしっかり疲れていることに驚きます。

最後は先生と同窓生で作品を語り合う時間です。

ひとそれぞれの想いとこだわりがある。

100%を目指し手や足が動けないことよりも、その場を楽しみながら手を動かしながら
決めていく。そんな感覚を体感することができるのがこの授業です。ブロックおもちゃ
のように、自由気ままにいろんな形の革をつなげていくだけで、世にも不思議な自分
だけの素敵なバッグが出来上がります。

無思考になろうと思考する矛盾のなかで、そもそも思考とは、自由とは何だろうという
哲学的な思いを言葉にしながら、おもちゃを組み立てるかのような作業に没頭する、
このアンバランスな体験は、贅沢な非日常の時間であり、日常に刺激を与える経験に
なりました。

公式ホームページ
NPWの学校

About The Author

MobilExSchool
老若男女がここでしか味わえない体験を通して、色々と変わりゆく時代を賢く明るく主観的に生きる力をつけるための学校です。

それは毎日が夏休みのような楽しい体験。

名前の由来は、

「mobile」=移動式

「ex」=体験

「school」=教室

ここで起きる全ての体験が学びです。
Follow :

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。