MobilExSchool

未来をひらくための学校

知っていますか?教育の無償化

約 2 分
知っていますか?教育の無償化

今年に入ってから教育の無償化の話題をよく目に耳にします。

いまの教育無償の議論について簡単に情報をまとめてみました。

現在の教育に対する国の支援制度は…
・大学・短大・専門学校 … 給付型奨学金(2017年先行実施+2018年本格実施)
・高等学校 … 所得制限付きの授業料無償
・中学校 … 授業料無償(義務教育)
・小学校 … 授業料無償(義務教育)

平成29年度の教育関係の予算はおよそ5兆3,100億円。
高等学校以上の高等教育や幼稚園や保育園などの幼児教育まで全てを無償化した
場合にはおよそ5兆円が必要だと民進党は試算します。
10兆円規模と言われることもあります。
これに対して自民党が出した主な財源案は、使途を教育に限定した「教育国債」。
しかし新たな借金に財務省は強く反発しています。
他に税制改革や消費税増税など財政再建議論も重なり複雑です。

全ての教育を無償化する制度を法律で整備するか憲法に明文化するかの議論
もわかれます。
現在の義務教育のように教育無償化が憲法に保証されることは良いことです。
例えば2010年の民主党政権で高校授業料無償化は、2014年の自民党政権に
よって所得制限がはじまるなど一部内容が改正されて新制度になりました。

現在、日本維新の会が憲法改正による「教育無償化」を政策として掲げています。
2017年を迎えてすぐに安倍首相は日本維新の会の政策に同調しました。
民進党は憲法改正には慎重姿勢で「教育無償化」は法整備で実現できるとしています。

先日、民進党の細野豪志氏は憲法改正私案で憲法改正「教育無償化」を主張し、
代表代行を辞任しています。
各省庁、各政党内でも様々な考えがあるように、子どもたちの明るい未来のために、
私たちひとりひとりが良く考えて意見を持つことが大切になります。

【参考】
高校生等への修学支援
給付型奨学金制度の設計について<議論のまとめ>

About The Author

MobilExSchool
老若男女がここでしか味わえない体験を通して、色々と変わりゆく時代を賢く明るく主観的に生きる力をつけるための学校です。

それは毎日が夏休みのような楽しい体験。

名前の由来は、

「mobile」=移動式

「ex」=体験

「school」=教室

ここで起きる全ての体験が学びです。
Follow :

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。