MobilExSchool

未来をひらくための学校

女子大生の日

約 2 分

【今日は何の日】 「女子大生の日」

1913年8月16日、東北帝国大学、現在の東北大学の入学試験合格発表で3名の女性が合格しました。帝国大学初の女子学生の誕生です。

明治維新を経て、近代化を目指す政府は教育にも力を注ぎました。1886年、明治19年に帝国大学令を制定し高等教育機関として国立の大学を設立しました。

帝国大学のはじめは、まず1877年創立の東京大学を帝国大学令にもとづいて「帝国大学」に改称しました。ついで1897年に「京都帝国大学」が創立されると、「帝国大学(旧東京大学)」を「東京帝国大学」に改めました。このことによって帝国大学が複数になったため、以降は「帝国大学」は、帝国大学令によって設置された大学の総称になり、最終的には国内には7校が建てられました。あまり知られていませんが国外にも2校の「帝国大学」が設置されています。

女性が初めて入学した帝国大学は、仙台にある東北帝国大学でした。1904年から始まった日露戦争による好景気や宮城県内の寄付金をあわせて1907年に設立した東北帝国大学。設立から6年後に3名の女性が合格して、帝国大学はもちろん日本ではじめての「女子大学生」が誕生したのです。

選挙権をはじめ、女性の権利が認められるようになるのは戦後のこと。それよりも半世紀近く前に高等教育を受け、大きくはばたこうとした女性が日本にはいたのです。近代化を目指そうとした新しい日本の一面だったのだと思います。

歴史のなかには否が応でも女性を軽視してきた事実があるのです。
(日付は新暦)

【今日の名言】 “元始、女性は太陽であった”

平塚らいてうの言葉。
生命の元、母になりえる女性は、むかしは太陽であり、神(地母神)であった時代もあるのです。
歴史を学ぶとわかる事実です。

【今日のことわざ】 “才色兼備”

意味は 「優れた才能と美しい容姿の両方に恵まれている女性」 ということ。

About The Author

ウルサイ株式会社,モバイルスクール学校長,歴使家多賀 健太郎
「おもしろきこともなき世をおもしろく」と病床の幕末の志士が読みました。
看病していた尼が「すみなすものは心なりけり」と返しました。
ぼくはあなたにとってそんな尼のような人間になりたいと思っています。
すべては自分のこころしだい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。